ピエールの備忘録

備忘録及び自己満足日記

無事です

先週末、広島で大規模な土砂災害が発生しましたが、僕は無事です。

 

近所では崩落や土砂が大量に流れ込んでいる。

 
f:id:yupierre:20180709232959j:image

こんな時だからこそ色々と考えてしまう。

 

最初に土曜日に安否確認の電話が会社からあったこと。

基本的に管理職が安否確認を連絡網的に行うという、古典的でアナログなやり方。たしかに今回は問題がないのだが、仮に管理職の人が災害に巻き込まれた場合、安否確認は誰がするのか。そのやり方を下は知っているのか。

そして、電波やネットが切断された地域ではどのように安否確認を行うのか。

など、様々な問題がある。

 

結果的に土日を挟んで月曜日に安否が判る場合、緊急連絡網で安否確認をするメリットが薄い。更に時間がかかりすぎる。

しかし、スマホを通じて安否報告をする場合、スマホを持っている人、持ってない人で差が発生してしまう。

 

なんとか、この体系を作り直さなければ連絡を取る時間に対する結果が乏し過ぎる。

 

次に通勤手段について。

労働者は労務提供義務があるため通常の通勤手段で来る事が出来ない場合も会社に行く必要がある。その時に通常以上の経費が発生するが、それをどうするか。通勤手当なので、会社が労働者に対して支払う義務は無いが、自然災害であり労働者に帰責性が無いため、超過経費について払いませんと言うと社員のモチベーションが下がってしまう。

社員の公平性を考慮して、どこで折合いをつけるかがポイントになるだろう。

 

そして、勤怠について。

会社に来ることが困難な社員に対して、特別休暇や時間短縮勤務を命じた場合、欠勤控除するのかどうか。

 

 

 

っとまぁ、色々と問題が発生する。

個人的には全てフォローしたいが、組織ではそう言う訳には行かない。

 

起こってからでは遅いってのはあるけど、起こってからでないと分からない部分も少なからず存在する。

 

想定外を想定してって言うことが理想だけど、現実を知れば知るほど想定外を想定することは難しい。

 

もし、宇宙人が来て地球征服というSF映画のような事が起こっても誰も想定できない。

 

今まで社会で必要とされていた、”キッチリとした社会人”という真面目で規定の中に閉じ込められている人間はこういう時に弱いのかもしれない。

 

流石に出てきたよね。

 

広島クリテリウムの夢が。

 

 

全日本の次の週まで頑張ると決めていたのに、全日本の前で練習し過ぎて膝壊すし、全日本で頑張りすぎて体調崩してしまうし。

 

なんか、毎回気合い入るレースはこんな感じなんだよなぁ〜学習してないな。

 

 

やらなければ不安になって、「まだできる!練習できる!」ってなってだいたい体調崩すし。

 

 

とりあえず、早く回復してサイクリングから始めなければ!

 

 

喘息しんどい。

腸脛靭帯炎

またなってしまった。

 

なんか、腸脛靭帯炎を治すブログみたいになってるな笑

 

どうしようかなぁ〜

 

とりあえず、炎症抑えながら柔軟して休むのが良いんだろうな

 

フィッティングはその後かな

 

2日くらい乗らずにマッサージと整体でも行こう

最高の贅沢とはなにか

贅沢というと、パッと思いつくのは「少しいいご飯を食べる」とか「タクシーを使う」とか。

贅沢と幸福は7割イコールの関係にあると思う。こんなこと言ったら怒られそうだけど。

 

そこで、そろそろこの世に性を受けて26年目を迎えようとしている訳だが、最高の贅沢とは何かを模索するようになった。

 

まず、贅沢に関連する事象は「必要最低限以上のことを行う」だと思う。

つまり、「余剰の行為」ではないのか。

しかし、余剰の行為は所謂「無駄」と捉えることも出来る。

無駄を無駄と感じるか贅沢と感じるかは、価値にあるのではないか。

それぞれにとって価値のある無駄か、価値のない無駄なのか。これが贅沢を左右する大きな因子だと思う。

 

ということは、贅沢とは

 

 

最高に価値のある無駄

 

 

だと思う。

 

価値は人それぞれだが、万国共通な価値は3大欲求だ。

 

食欲

睡眠欲

性欲

 

食欲の最高の無駄というと、

・おなかいっぱいなのに、デザートをいっぱい食べる。

しかし、価値がない。太るというマイナス因子が大き過ぎるのだ。

 

睡眠欲の最高の無駄というと、

・眠たくないのにゴロゴロしてまた寝る。

これは体力も回復するし、理想的と言えそうだが、寝すぎると頭が痛くなる。

 

性欲の最高の無駄というと、

思いつかないから却下。

 

 

上記を踏まえて、最大の贅沢は

 

 

朝自転車に乗ってカロリーを消費したところに、おなかいっぱいデザートを食べて、昼寝をする。

 

 

になる。

 

 

ここまで書いて、改めて価値が微妙だなぁと思うし、まだまだいい贅沢があるんじゃないかと思ってしまった。

 

 

もう少し、考えよう。

ハンドル壊して1人前


f:id:yupierre:20180611233853j:image

割れてた。

きっと、僕のスプリント力に勝てなかったのだろう。

※トルク管理の甘さです

 

さて、那須のレースは地獄だった。

先ずはクリテリウム


f:id:yupierre:20180611234004j:image

基本的に足を止めてる時間が半分を占めるんだけど、その次に多いのがZ7という所謂無酸素運動

半分ちょっとでレース降りたけど、それでも約7分間も無酸素運動をしてる。

 


f:id:yupierre:20180611234212j:image

結局800wくらい出してるのが20回くらいある。なるほど、基本的にはこの手のクリテリウムはやっぱりインターバルメインなんだな。それも、フルパワーの。

そして、30本以上もがかないと最後まで持たない。広島の予行演習として出て正解だったかもな。

 

次はロードレース。


f:id:yupierre:20180611234626j:image

実はこっちの方がZ7の時間が多いんだな。雨でコーナーの立ち上がりが激しかったのが要因かな。あとはZ4が多いな。この手のレースは有酸素パワーがものを言うって感じかな〜。

 


f:id:yupierre:20180611234805j:image

これすごい面白いデータなんだけど、上から2番目の赤いグラフ。これ、僕の体力と思ってもらったらいいかなと。

一旦集団からちぎれた所があったんだけど、僕の体力が0になってる笑

 

2周目、4周目、6周目が僕にとってキツかった周回ってことだな。

もう少し有酸素パワーがあれば残れた感じあるなぁ〜

 

まぁ、そんな感じでボロボロだった那須だけど、全日本までメニューしっかりやって頑張るぞ!

4つの鉄板ルール

これも、ふとしたタイミングに思い出した。

 

備忘録ということでもう1回、書いておこうと思う。

 

中村文昭さん

彼の「なんのために」

というタイトルの公演だったかな

 

そこで出てくる4つの鉄板ルール。それは

 

1.返事は0.2秒


2.頼まれ事は試され事(人から頼まれたら、試されていると思って予測を上回わることをする)


3.できない理由は言わない


4.そのうちと言わず今できることをやる

 

だいたいの事は出来なかった結果ではなく、やらなかった結果だということ。

 

だからできない理由を言わずに0.2秒でハイッと返事をする。

 

 

ここ最近は意識するのを忘れてたなと思うし、無理って言う言葉が身近にあった気がする。

 

そしてもうひとつ。 

人は死に様でその人の大きさがわかる。

 

こんな感じのことも言っていたと思う。

偉大な人ほど、死ぬ時は多くの人から見守られる。たとえ、案内がなくても他人との繋がりで勝手に人が集まってくる。

 

僕もそんな人になりたい。

そんな人になれるように、日々過ごしていこうと思う。

 

痴漢の話

大学生の時、痴漢にあったことあるよね?

 

こんな話から思い出してしまったので今回は痴漢の話。

 

※下ネタありますのでご注意を

 

 

 

 

 

 

 

大学3回生の頃、滋賀の大津で花火大会があったため、みんなで見に行くことに。

その日は夕方から雨予報で、もしかしたら花火大会は無いのかなー?なんて思っていた。

会場についた頃は雨は降っていなかったが、辺りが暗くなるにつれて雨が降ってきて、夏なのにめっちゃ寒い日だったのを覚えている。

 

 花火大会が終わったあと、下宿近くまで戻り、銭湯に行くことになった。この時、夜の10時くらいだったと思う。

その銭湯は割と広くて、露天やサウナをはじめ、様々な銭湯があってリラックス出来る空間が広がっている。

所謂、“普通”の風呂に浸かっていると、なかなかいい年のおっちゃんが横に座ってきた。

すると、おっちゃんは「いい筋肉してるねぇ〜なんかスポーツとかやってるの??」

と声をかけてくれた。

僕も悪い気はしなかったので、「ありがとうございます!自転車競技やってまして〜」

と返答しておいた。

 

そこから、おっちゃんが昔陸上競技をやってたという武勇伝が始まった。

実はおっちゃんもスポーツが好きなんだな、うんうんって思いながら話をしていた。

 

すると突然、話が方向転換しておっちゃんが

「そういえばさっき、勃ってたやろ?」

と聞いてきた。

意味不明だった。全くそんなことなかったし、湯船の中に入ってからおっちゃんと話し始めたし、それ以外ではそんなにうろうろしてないし、そもそも勃ってないし。

 

 

「そんなことないですよ笑」っと返しつつ

(´⊙ω⊙`)。o(何言ってんだこいつ

 

って思っていた。

そんなやり取りが2〜3回続いたあとに、おっちゃんの手がすーーーーっと伸びてきてボディタッチの後に“マッサージ”が始まった。

※勃ってません

 

いやいやいやいやいや、意味わかんないからwwwwwwwwwwww

※勃ってません

 

と思いながら話を陸上の話に戻そうとするも、陸上の話に戻らない。

※勃ってません

 

続くマッサージ、身体を捻らせて逃げる僕

※勃ってません

 

じゃあ、僕は他の風呂に入るんでって言って何とかその場から逃げることが出来た。

※勃ってません

 

その後はおっちゃんと風呂を挟んで対角線になるように行動しながら、無事に風呂から上がり難を逃れたのだった。

 

 

 

 

つまり、何が言いたいかと言うと

 

 

 

痴漢はされたら怖いし絶対にやったらいかん!!!ダメ!!!絶対!!!